前へ
次へ

高齢者向けの不動産物件のポイント

若い時はいいのですが、高齢者が新たにアパート、マンションなどの不動産物件を借りることが出来ないということがあります。
これは、高齢者が基本的に収入が年金だけのため、家賃の滞納があったときに退去をさせることが出来ない、万が一のことがあったときの対処などです。
前者のことについては、保証人を子供などにすることもできますし、高齢者住宅財団が保障してくれたりもあります。
市町村の窓口に相談するといいかも知れません。
高齢者向けの介護サービス、設備などが付いた不動産物件もあります。
設備では、バリアフリーはもちろんですが、緊急通報などの装置がある、連絡なども必要となります。
一般的にはサービス付き高齢者住宅になります。
将来的なことを考えて、サービス付き高齢者住宅にすることができる賃貸物件にするのもポイントのひとつになります。
サービス付き高齢者住宅ですと、高齢者をターゲットとしているので断られることはありません。

Page Top